素読をはじめました

新型コロナウィルスの蔓延は私たち人類に様々な試練を与えています。

困難な時こそ人はどう生きるか―。

人は生きて行くうえで大なり小なり様々な岐路に立たされます。その時にどう考え、どう行動できるか。

その判断の一つひとつが人生を築いていくものだと思います。

このたび、道院有志で人生の糧となる偉人の言葉を集めた「広島基町道院素読集第一巻」を作成しました。

現在少年部では読本学科に加え、修練で汗を流した後に素読をやっています。

素読集にある吉田松陰、山田方谷、西郷南洲、佐藤一斎の珠玉の言葉14編は子供たちの胸に必ずや刻まれることでしょう。

※現在は新型コロナウイルス感染拡大の現状に鑑み、修練をお休みしています。詳細については修練日程をご確認ください。