少林寺拳法とは?

開祖 宗道臣 少林寺拳法は1947年、日本において宗道臣が創始した”ひとづくりの行”です。自分の身体と心を養いながら、他人とともに援け合い、幸せに生きることを説く「教え」と、自身の成長を実感し、パートナーとともに上達を楽しむ「技法」、そしてその教えと技法を遊離させず、相乗的なスパイラルとして機能させる「教育システム」が一体となっています。 人間は生まれながらに、どのようにも成長してゆける可能性を秘めています。少林寺拳法は、その可能性を信じて自分を高め続けられる人、周囲の人々と協力して物心両面にわたって豊かな社会を築くために行動できる人を育てています。

少林寺拳法の創始の動機と目的

少林寺拳法の創始の動機と目的 少林寺拳法の創始者である宗道臣は、戦後の混乱のさなか、自身の体験から、リーダーの質によって、集団や社会の方向性が大きく変わるという真理を悟りました。そして、リーダーシップとは、自信と勇気と正義感、行動力に根ざすものであると定義づけました。 人が平和で豊かに生きてゆくために、正しいリーダーシップを発揮できる人間を一人でも多く育てようという”人づくり”の志を抱いた宗道臣は、敗戦直後の混乱で自己を見失いそうな若者たちに、人として豊かに生きるべき道を説くとともに、身体を鍛え自信を得るのに有効な技法を教え始めました。 修練の中で、道を説いて誇りや信念を引き出し、人が生まれながらに持つ成長の可能性を実感させ、自信と勇気と行動力を併せ持つ、社会の役に立つ人を育てようと創始したのです。

■金剛禅とは

少林寺拳法の教えは、とりもなおさず少林寺拳法の創始者宗道臣の教えですが、その宗道臣の教えの根本は、仏陀釈尊の正しい教えと、これを正しく継承した菩提達磨の行法を現代に生かすことにあります。 即ち、金剛禅とは死後の安楽や現世利益を説くのではなく、生きている人間が少林寺拳法の修行を通して、まず己をよりどころとするに足る自己を確立し、そして他のために役立つ人間になろうという、心身一如・自他共楽の新しい道なのです。 なお、金剛禅という名称は、仏教の守護神とされる仁王尊の神名に因んで、阿吽・陰陽二体の金剛神が象徴する無限・無量の宇宙の大調和をイメージして宗道臣が名づけたものです。

■金剛禅総本山少林寺

金剛禅総本山少林寺は、少林寺拳法による心身一如の修行をもとに「自己確立」「自他共楽」の道を究め、日々の暮らしに生かすという独自の宗風をもつ教団です。 金剛禅は、人間が人間の大いなるはたらきを宿す”可能性の種子”であることを信じ、その可能性を開花させながら、お互いを尊重し合い手を取り合って平和で豊かな社会を実現していこうと説いています。日本各地のおよそ2,000の道院では、子どもから高齢者まで、世代を超えて楽しく修行にいそしんでいます。

少林寺拳法総本部

宗教法人 金剛禅総本山少林寺 少林寺拳法の関係団体には、少林寺拳法の普及を通じて社会に寄与する「財団法人少林寺拳法連盟」の他に、宗 道臣が提唱した金剛禅の教えを広め、門信徒を教化育成するための「宗教法人 金剛禅総本山少林寺」、少林寺拳法の指導者を養成するための「学校法人 禅林学園/日本少林寺武道専門学校」、そして「少林寺拳法世界連合(WSKO)」があります。 ちなみに、少林寺拳法連盟の登録会員は140万人で、海外28ヶ国にも普及し、WSKOによって各地区講習会や4年に一度の国際大会なども開催されています。